B型肝炎の予防接種。他の予防接種よりお高いのがネック

B型肝炎の予防接種は決められた期間を空けて3回摂取しないといけないそうです。

平成28年10月1日から定期接種化されたんですが、公費で接種できるのは、平成28年4月1日以降に生まれた方で、かつ、0歳児の赤ちゃんのみなんだそうです。

1歳になってしまうと自己負担なんですね。

うちの子はそれには当てはまらないので、全額自己負担での予防接種となりました。

それにしても、高い!!!

6千円位だったかな?

そろそろ3回目の予防接種予定日なんですが、前回が数ヵ月前だったのでいくらだったか忘れてしまいました。

インフルエンザワクチンよりはずっと高かったというくらいしか覚えていません。

予防接種の値段は医療機関によっても変わるので、できたら安いところで済ませたいところですが、かかりつけの病院で接種した方が安心ではあります。

子どもの健康のためとはいえ、色んな予防接種が自己負担というのは家計に響きます。

インフルエンザワクチンは毎年接種しないと意味がないし、接種したとしてもインフルエンザにかかってしまうことがありますから仕方ありませんが、そうでない種類のものは、中学生までは全員無料で接種させてもらえるようになってくれたらありがたいですね。

B型肝炎の予防接種。他の予防接種よりお高いのがネック